非エンジニアでもできるブラウザ自動操作「Selenium IDE」

スポンサーリンク
プログラミング

ブラウザの自動操作できて、Pythonコードも自動生成できる「Selenium IDE」の使い方を解説

 

どうもヨスケです。

PythonによるWebブラウザの自動操作の勉強をしているのですが、

今回はちょっと趣向を変えまして、

プログラミングの知識がゼロでも、ブラウザを自動操縦できる方法

ご紹介します。

 

この記事でわかること
・プログラムが苦手な人でも簡単にブラウザの自動操作ができる!
「Selenium IDE」について
・Selenium IDEのインストール方法と操作方法
・ブラウザ操作でできること

 

スポンサーリンク

Selenium IDE

 

Selenium IDEはWebブラウザ上で動作する「キャプチャ・リプレイツール」です。

ユーザのWebブラウザ操作を記録し、そのまま実行できます。

ChromeとFirefoxどちらでも利用可能な拡張機能(アドオン)です。

この記事ではChromeでの紹介となります。

 

Selenium IDEでできること

 

■Selenium IDEでできること
Webブラウザの操作の記録
記録したブラウザ操作の再生(テストケース)
テストケースの保存(HTMLファイル)
記録したブラウザ操作をプログラミング言語へエクスポート

 

インストール手順

インストール手順は非常に単純です。

1.Chrome ウェブストアでSelenium IDEを「Chromeに追加」

2.「拡張機能を追加」

3.「同期を有効にする」

以上です。すごく簡単。

 

完了すると、ブラウザ右上にSelenium IDEのアイコンが出てきます。

 

次のページ ⇒ 実際にブラウザの自動操作させてみた!

タイトルとURLをコピーしました