超簡単! Pythonで株価のテクニカル分析 VOl.2 MACD

スポンサーリンク
お金

Pythonライブラリ「TA-Lib」でMACDを可視化

 

TA-Libライブラリのインストール

TA-Libのインストール方法はひと手間ありますので、

whitecat_22さんのページを参考にしてみてください。

 

MACDの計算

TA-Libライブラリでは大抵のテクニカル分析が準備されています。

MACDは以下で計算されます。

MACD etf_tail_data['MACD'],etf_tail_data['MACDSIGNAL'], etf_tail_data['MACDHIST'] = ta.MACD(etf_tail_data['Close'], fastperiod=12, slowperiod=26, signalperiod=9)

MACDの可視化

MACDの計算の結果は、MACDとMACDシグナルとMACDヒストグラムがありますので、それぞれ表示します。

plt.plot(etf_tail_data['MACD'],label='macd')
plt.plot(etf_tail_data['MACDSIGNAL'],label='macd_signal')
plt.bar(etf_tail_data['MACDHIST'].index,etf_tail_data['MACDHIST'],label='macd_hist')

MACDヒストグラムは今回のご紹介からは割愛していますが、plt.bar()で表現することが多いです。

 

MACD表示のサンプルコード全部載せ!

今回もそのまま実行すれば動くソースコードです。(ライブラリのインストールは別途必要です。)

import investpy
from datetime import date
import talib as ta
import matplotlib.pyplot as plt

etf_data = []
today = date.today().strftime('%d/%m/%Y')

etf_data=investpy.get_etf_historical_data(etf='Invesco QQQ Trust Series 1',country='united states',from_date='01/01/2017',to_date=today)
etf_tail_data=etf_data.tail(365)

# MACD
etf_tail_data['MACD'],etf_tail_data['MACDSIGNAL'], etf_tail_data['MACDHIST'] = ta.MACD(etf_tail_data['Close'], fastperiod=12, slowperiod=26, signalperiod=9)

plt.plot(etf_tail_data['MACD'],label='macd')
plt.plot(etf_tail_data['MACDSIGNAL'],label='macd_signal')
#plt.bar(etf_tail_data['MACDHIST'].index,etf_tail_data['MACDHIST'],label='macd_hist')

plt.xlabel('date')
plt.ylabel('indicator value')
plt.legend()
plt.show()

ナスダック-100連動のETF(QQQ)の株価データをもとに実行した結果がこちら↓

QQQチャートとMACD , MACDシグナル

’21/10/14現在では、MACDがマイナス側で下降トレンドですが

MACDシグナルとのゴールデンクロス形成が起こりそうな雰囲気もあり、

そろそろ上昇トレンドへの転換か?というように読み取れます。

 

テクニカル分析を勉強すると色々なことがわかりますね。

Pythonの知識も増えてまた早期リタイアに一歩近づきました。

 

以上、参考になればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました