早期リタイアでやりがちな失敗 iDeCo/つみたてNisaの注意点

スポンサーリンク
お金

iDeCoとつみたてNisa 概要と特徴

運用益に非課税枠を設けてくれるiDeCoとつみたてNisa。

使わない手はない素晴らしい制度です。

それぞれの概要と特徴を簡単にご紹介します。

iDeCoの概要と特徴

iDeCoの概要

iDeCoは老後の資金不足対策で導入された資産運用制度です。

iDeCo(イデコ)は、将来に備えるための自分でつくる年金。
月々5,000円から自分自身で積み立てていき、原則60歳以降に受け取る仕組みです。
iDeCo(イデコ)のメリットは、将来に備えつつ、税金を節約できることで、
積立時、運用時、受取時の3つの税制優遇がうけられます。

出典:楽天証券

 

税制優遇は以下のようになります。

■積立時
掛け金が「全額所得控除」となり所得税・住民税が軽減されます。
■運用時
通常税率20.315%の運用益が「非課税」!
■受け取り時
一時金で受取るなら1500万円まで「非課税」

iDeCoの特徴

節税効果は非常に大きいですね。

積立時も運用時も受け取り時も節税ができるわけで、

使わない選択肢がない制度ですが、

資産の受け取りが原則60歳以上であるのが最大の特徴です。

 

つみたてNisaの概要と特徴

つみたてNisaの概要

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、毎年40万円を上限として一定の基準を満たした投資信託に積立投資することができます。
投資をした年から最長20年間の間に得た分配金と売却益(譲渡益)が非課税になり、通常口座でかかる20.315%の税金がかかりません

出典:楽天証券

楽天証券にわかりやすい非課税期間の説明がありましたので、載せておきます。

出典:楽天証券

 

つみたてNisaの特徴

つみたてNisaの特徴も挙げておきます。

■年間40万円と少額での投資
■運用益(配当・売却益など)が非課税
■非課税期間が20年間
1年目の投資は20年目まで。2年目の投資は21年目まで。。。と
運用してから20年間非課税。
毎年投資した口座は、非課税期間の満期を迎える20年後までほったらかしにすることで節税効果をフルで活用することができます。
タイトルとURLをコピーしました