【決定版】FIRE達成までの年数は「貯蓄率」から計算できる【がっつり数学】

スポンサーリンク
早期リタイア

サイド/フルFIREの達成年数を計算!

考え方と式の導出を合わせて掲載します。

サイド/フルFIREそれぞれに必要な資産額は、以前計算した記事を参考にしました。

 

FIREの条件
サイドFIRE:生活費×15.63倍の資産
フルFIRE :生活費×31.25倍の資産

 

サイドFIREの場合

n年後、資産所得で年間生活費の半額が賄えるだけの額になっていることを条件にします。

フルFIREの場合

n年後、資産所得で年間生活費の全額が賄えるだけの額になっていることを条件にします。

FIRE達成予測の計算例

下の表が、導出した式から計算した結果です。

この場合、

手取り年収額だけ保有資産がある状態から、

貯蓄率40%で資産形成した場合、

15年後にサイドFIREが可能という結果でした。

貯蓄率と資産、FIRE年数の計算結果

 

次のページ ⇒ まとめ と「FIREシミュレーター(無料)」のご紹介。

 

タイトルとURLをコピーしました