超簡単! Pythonで株価のテクニカル分析 VOl.1 移動平均(SMA)

スポンサーリンク
お金

 

テクニカル分析 「移動平均」について

移動平均線

過去一定期間の価格を平均して連続させた線のこと。価格は、種々雑多な材料を織り込んで細かく上下するが、これはいわば雑音のようなもので、価格推移の傾向を隠して分かりにくくしている。そこで、価格を平均することによって細かい上下動を取り除き、本質的な傾向を明確にしようとしたもの。単純移動平均は、計算は簡単だが実際の価格推移からの遅行が大きい。遅行性を改善したものに指数平滑移動平均、加重移動平均などがある。

[出典:マネックス証券]

 

移動平均線で得られる株価分析の例

株価のトレンドの指標

一定期間株価の平均値ですので、株価が上昇傾向なのかそうでないのかがわかります。

■移動平均の取り扱いの基本
・上向き・・・上昇トレンド
・横ばい・・・もみ合い局面
・下向き・・・下降トレンド
・平均する期間を変更することで短/中/長期のトレンドがわかる

ゴールデンクロス と デッドクロス

金融関連ニュースでよく目にする「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」は移動平均で出現する分析結果です。

ゴールデンクロス

短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けること。

株価が上向きに転じたときに見られ、買いサインとされます

デッドクロス

短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜けること。

株価が下向きに転じたときに見られ、売りサインとされます

 

そのほかにも移動平均を使った買いシグナルや売りシグナルが色々あるようです。

マネックス証券のサイトに詳しく載っていますので参考にしてみてください。

 

単純な指標ですが、プロトレーダーもテクニカル分析に重宝しているものですので、ぜひ覚えましょう!

 

次のページ ⇒ Pythonライブラリ「TA-Lib」で移動平均を可視化!

サンプルコードも全部載せ!

 

タイトルとURLをコピーしました