あなたの手取り年収はいくら?額面年収ごとにまとめました。

スポンサーリンク
お金

社会保険料

ここでは、額面所得から差し引く社会保険料の中身について勉強します。

健康保険料

日本の医療保険制度では、病院を利用した際に医療費の自己負担が 3割で済んだり、病気や怪我、出産など、働けなくなった場合の給付や保障があったりしますが、その財源を担っているのが健康保険料です。

健康保険料は、標準報酬月額によって保険料が計算され、勤務先の会社とその従業員が折半して納めます。

 

厚生年金保険料

厚生年金保険料とは、現在は原則65歳から支給される「老齢厚生年金」の原資となります。ほかにも「障害厚生年金」「遺族厚生年金」などもあります。

標準報酬月額によって保険料が計算され、勤務先の会社と従業員が折半して負担します。

 

介護保険料

介護保険料とは介護保険制度のもとになるものであり、40歳から64歳までの会社員や自営業者が負担する保険料です。

介護保険料も、健康保険料と同様に標準報酬月額によって保険料が計算され、会社と従業員が折半して負担します。

 

雇用保険料

雇用保険料とは、失業保険給付(基本手当)や職業訓練給付といった支援サービスに用いられています。

雇用保険料は業種によって料率が異なります。

タイトルとURLをコピーしました