あなたの手取り年収はいくら?額面年収ごとにまとめました。

スポンサーリンク
お金

年収から引かれるお金たち

ここでは、手取り年収が計算されるために必要な、「税金」と「社会保険料」について勉強しましょう。

手取り年収 = 額面年収 ー 税金 ー 社会保険料

税金

所得に関わる税金は、所得税(国税)と住民税(地方税)があります。

所得税

所得税は一定以上の所得がある個人が国に対して納める税金です。

月の給与の額面(通勤手当などは除く)から社会保険料を差し引いた金額が一定額を超える場合には、所得税が天引き(源泉徴収)されます。

天引きされる金額は、社会保険料を引いた後の金額やその人の扶養家族の人数などによっても変わります。

毎月の天引き額の年間合計が、実際の年収をもとに計算した最終的な所得税額と比べて差額が出た場合には、その差額を年末調整にて還付または追加で徴収します。

所得税率の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

[出典:国税庁]

 

※令和19年までの各年分の確定申告においては、所得税と復興特別所得税(原則としてその年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付することになります。

 

住民税

住民税は所得税と同様に、一定以上の所得のある個人が、1月1日時点で住んでいる都道府県や市区町村に対して納める税金です。

前年度の所得をもとに計算された税額を、6月から翌年5月までの毎月の給与から天引きされます。

■住民税の計算手順
①総所得金額の算出
②所得控除
③課税所得の算出
④所得割
⑤税額控除
⑥均等割の加算

[出典:マネーフォワードクラウド確定申告]

タイトルとURLをコピーしました